未分類

【2020年】大阪で部分日食のピークはいつ?方位はどっち?始まりや終わりの時間もチェック!

2020年6月21日夏至に、日本全国で部分日食がみられます!

場所によってピークの時間や太陽の欠け方が違って見えます。

この記事では、「大阪で部分日食を見られる時間や方位、見え方について」についてまとめてみたいと思います!

部分日食とは?

月が太陽の一部分を隠すことで、太陽の一部が欠けて見える現象です。

大阪で部分日食がみられる時間は?

日本全国では大体16時〜18時で見られますが
大阪での始まりの時間、ピークの時間、終わりの時間をチェックしましょう!

始まりの時間 ピークの時間 終わりの時間
16:06 17:10 18:07

ピークは17:10です!!

見逃さないように注意です!

大阪で部分日食がみられる方位や高度は?

方位

続いて、方位についてです。

西~西北西をチェックしてみましょう!

確認するのに時間がかかることもあるので、事前に余裕を持って様子を確認しておくことをオススメします!

高度

高度は、(始まり)36度(ピーク時)23度(終わり)12度と動いて行きます。
やや低めの位置で確認できるようですね。

大阪から見る部分日食はどんな形?

部分日食では、太陽の左下が欠ける形に見えます。


(写真AstroArtsより)

大阪で太陽が欠ける面積は、43%です!

約半分ですね!

北(北海道)では18%、南(石垣)では90%以上欠けるそうです。

 

その他部分日食を見る際のポイント

日食を見る際には注意しなければいけないポイントがあります。

太陽を直接見ることは目を痛めてしまう原因になるので絶対にしないようにしましょう!!
日食グラスや専門の観察器具を使って正しく観察することをオススメします。

最後に

見る場所によって見え方や見える時間が変わるなんて、面白いですよね。
蟹座の新月でもあるこの月には「愛するものを守り育てる力や生活を安定させる力がある」のだそうです。
神秘的です。
次は10年後と言われているこの日食、ぜひみてみたいですね!!