漫画/アニメ

「犬夜叉」殺生丸とりんのその後はどうなった?続編の結婚相手はだれ?あらすじと考察まとめ

「犬夜叉」の続編・テレビアニメ『半妖の夜叉姫』の今秋放送が決まりました!!!

犬夜叉と殺生丸の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー!!

ということで

気になる殺生丸の結婚相手が誰なのか、考察してみたいと思います!

この記事のサマリー
  • 犬夜叉のあらすじ
  • 殺生丸について
  • 殺生丸とりんの関係は?
  • 殺生丸の結婚相手はだれ?
  • 最後に
  • 犬夜叉のあらすじ

    「犬夜叉」
    1996年~2008年まで『週刊少年サンデー』(小学館)で連載

    あらすじ

    中学生の日暮かごめは、ある日500年前の戦国時代にタイムスリップする。
    そこで出会った半妖の少年・犬夜叉と出会い、砕け散った「四魂の玉」を取り戻すために旅に出る物語。

  • 「四魂の玉」とは
  • しこんのたま。
    あらゆる願いを叶える宝玉。
    これを巡り、人間と妖怪の争いが続いていた。
    当初、四魂の玉を守る巫女・桔梗と犬夜叉は愛し合っていたが、罠にはまりお互いを裏切る。
    桔梗は犬夜叉を封じ、自分も四魂の玉と滅びた。
    四魂の玉は一度滅びたが、かごめの体内から出現し、砕け散る。

    登場人物

  • 犬夜叉
  • 妖怪の父、人間の母をもつ半妖。
    桔梗にかけられた封印をかごめがといたことで復活。

  • 日暮かごめ
  • 現代に生きる、神社の娘。
    ある日、井戸に落ち、500年前の戦国時代にタイムスリップする。

  • 殺生丸
  • 犬夜叉の異母兄弟で、犬の大将の長男。初登場時で200歳以上生きている。
    大妖怪である両親の血を色濃く受け継ぐ為、完全な妖怪。四魂の玉には関心がない。

    殺生丸について

    ある出来事をきっかけに、少女・りんと出会い、旅をしていく中でしだいに心を許していくのです!
    最初はりんに何の関心もなかった殺生丸でしたが、りんに危機が迫ると「りんの命と引き換えに得るものなど何も無い」と、大切な存在だと気づき心が大きく変化していきます。

    殺生丸とりんの関係は?

    殺生丸が、りんにプロポーズ!
    という話題がありますが、実際には
    人里に残し、離れ離れになったりんを想い

    「必要ならばいつでも私を呼ぶのだ」
    「いつでも心は繋がっている」

    という言葉を残しています。

    「結婚しよう」というプロポーズとはまた意味が異なるかもしれません。

    殺生丸の結婚相手はだれ?

    そんな大人気美形・殺生丸の双子の娘・とわ&りんが登場るすということで、
    「結婚相手は誰??」
    という話で盛り上がっていますね!

    最有力候補は、もちろん、りん

    しかし、

    「りんと殺生丸は親子みたいな関係では?違う人間の可能性もある」

    「殺生丸様が自分自身で産んだ」

    「人間嫌いが人間の子を産む?」

    と様々な声が出ています。

    様々な声がありましたが・・・やはり、お嫁さんは「りん説」が濃厚なようです。

    最後に

    コメントなどをみていて気付いたのは、殺生丸の女性ファンの多さたるや・・・!
    一匹狼なところも、刹那な感じも素敵ですね。

    続編が楽しみです!