今話題のドラマ

「テセウスの船」加藤(安藤政信)の正体は?本当の犯人はだれ?結末ネタバレも!

テセウスの船のドラマがいよいよスタートですね!
原作がおもしろいので、ドラマもとても楽しみです!

あらすじや犯人について、気になる方も多いと思うので
簡潔にまとめてみたいと思います!

  • あらすじ
  • 本当の犯人は?
  • 加藤みきお(安藤政信)の正体
  • 結末は
  • まとめ
「テセウスの船」姉の鈴(貫地谷しほり)恋人・車イスの男(安藤政信)の正体は?本当の犯人はだれ?ネタバレや漫画を見る方法も!大人気漫画「テセウスの船」がTBS日曜劇場で待望のドラマ化! あらすじや気になる姉・鈴の現状や、 一緒にいる恋人の車イスの男...

 

↓↓↓「ebookjapan」で、漫画【テセウスの船】を無料で読む!!↓↓↓
☆今なら1-2話が無料プラス3巻めは初回の半額クーポンで330円で読める☆




あらすじ

主人公・心の父親は殺人犯として捕まったまま30年間獄中にいました。
心の家族は殺人犯の家族として肩身の狭い生活を強いられてきました。
そんな中、心を愛してくれた女性との間に出来た子供を出産する際に
その女性は亡くなってしまいます。

子供を殺人犯の家族として育てたくないという女性両親に引き取られようとしていました。

そこで心は、父親の無罪さえ証明できれば、子供を引き渡す必要がないと考え、
昔父がおこしたとされる事件を調べ始めます。

そして心は30年前にタイムスリップし、
真実を明らかにする、という物語です。




本当の犯人は?

本当の犯人は、心の父親・文吾ではなく、

車イス生活で、心の姉の恋人として登場する
加藤みきお(安藤政信)だったのです。

小学校の事件や、その周辺で起きた事件はすべて、みきおの犯行によるものでした。

加藤みきお(安藤政信)の正体

みきおは寂しい子供時代を過ごしており
そんな自分に優しくしてくれた心の姉・鈴に恋をします。
その恋は、執着の塊のようなものでした。

鈴の理想のタイプが、
父親のような「正義」感のある人だということを知り
「正義」というものに固執していきます。

そして文吾を陥れる計画を企むのです。




結末は

現代に戻り、家族はあるお墓の前にいました。

刻まれた名前は、「田村心」

タイムスリップした田村心は、父親を守るために亡くなっており
命の恩人のという名前を、自分の息子につけたということです。

その頃、心は岸田由紀(上野樹里)とランチをしており、後に婚約者として家族に紹介しました。

父親が逮捕されていないことで、心の名字は佐野から母の旧姓・田村に変更することがなく
過去で一度死んで、そのあと佐野心として生まれてきたのですね!

 

↓↓↓「ebookjapan」で、漫画【テセウスの船】を無料で読む!!↓↓↓
☆今なら1-2話が無料プラス3巻めは初回の半額クーポンで330円で読める☆

まとめ

素敵なキャスト揃いで、映像化されるのがとても楽しみです!