今話題のトピックス

元農水産事務次官が息子を殺害、将来を悲観したまじめな父親の経歴は?同情の声も

東京都練馬区の民家で、無職の長男(44)を刺したとして、
元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が殺人未遂容疑で逮捕されました。

容疑者は調べに対し、「周囲に迷惑をかけてはいけないと思い、長男を刺した」と供述していることが分かっています。
殺害された長男は、以前から父親と母親に対して暴力をふるっており、攻撃的な性格だったということです。

「殺すしかない」と記した書き置きも残されていたことから、熊沢容疑者が以前から息子の将来を悲観していたのでしょう。

熊沢容疑者は1日午後3時半頃、自宅で、長男の胸などを包丁で刺し、長男は搬送先の病院で死亡が確認されたとのこと。

もちろんこの悲しい結末には同調するのは難しいですが、実は、この事件には、同情の声も多く上がっています。

エリートの父親と、立派な家をもつこの家族に一体なにがあったのでしょうか?
また、息子を殺害する決定打になった‘あること’とは何なのでしょうか?

この悲しい結末までをまとめてみたいと思います。

・殺害された息子(44)のひきこもり生活について
・息子殺害の引き金となった出来事について
・父親・元農林水産省事務次官の経歴について
・世間の声
・まとめ




殺害された息子(44)のひきこもり生活について

殺された息子は、無職で自宅で引きこもり生活を送っていたようです。

毎日ハマっていたのが、オンラインゲームで、ドラクエにはまっていたようです。
月32万円を課金していたことも。

また、ツイッターでは 「自分は元農林水産省事務次官の息子だ」と名乗り、「一般人ではない」「凡人と一緒にするな」など、かなり誇らしく呟いていたとのことです。

父親の優秀な経歴を、自分のもののように自慢することで自尊心を満たしていたように思えます。

息子殺害の引き金となった出来事について

この息子殺害を決意した裏には、ある事件がありました。

それが

川崎市登戸の無差別殺人事件

でした。

犯人は、息子と同じくひきこもりで、プライドの高いタイプの人間。
8050問題と呼ばれる、中年の引きこもり問題について、
父親である容疑者は、
「いつか自分の息子も、この犯人と同じように周囲に危害を加えるのではないか」
「自分が弱ってから、もしくは死んだ後に、人を殺すかもしれない」

そう、将来を悲観していたと話しているそうです。

「うりせぇな、ぶっ殺すぞ」

殺害された息子が、最近、近所の学校の運動会に対し、そう述べていたとのこと。

これを聞き、余計心配になったと言います。




父親・元農林水産省事務次官の経歴について

熊沢英昭氏は東京大学を出たあと農林水産省に入省した超エリートです。
BSE(牛海綿状脳症)問題で実質上の更迭とされていますが、相当な官僚のトップです。

まとめ

息子が世間に危害を加える前にやめることが、最後の親としての務めだと思ったのでしょうか。

責任感の強さを感じますが、昔は可愛かったであろう自分の息子を殺す気持ちを考えると、とても悲しい結末だと思いました。