今話題のトピックス

天才最年少プロ棋士「仲邑菫(なかむらすみれ)」は何歳?学校や両親は?

囲碁の世界が熱いです!

2019年4月1日付で、10歳の少女(発表時は9歳)「仲邑菫(なかむら すみれ)」さんが、プロ棋士になることが明らかになり、史上最年少の棋士が誕生しました!

彼女の特徴として、笑顔がとってもかわいい!!「本当にこんな子がプロ棋士なの!?」というくらい無邪気な笑顔に魅了されます!

最年少記録を塗り替えた仲邑菫さんですが、どんな女の子なのでしょうか?学校や両親についても調べてみました!

・中邑菫さんはどんな人?
・囲碁を始めたきっかけは?経歴は?
・両親はどんな人?兄弟はいるの?
・どこの小学校に通っている?

中邑菫さんはどんな人?

最年少プロ棋士の菫さんですが、2009年3月2日生まれの、現在10歳の女の子です。発表時は9歳、そして10歳0カ月でのデビューということになります。あの井山裕太十段が12歳10カ月で、藤沢里菜女流名人が11歳6カ月のデビューなので、4月に10歳0ヶ月でデビューした仲邑菫さんは史上最年少となります!

出身は大阪市此花区と言われています。

囲碁を始めたきっかけは?経歴は?

こんな小さな女の子が囲碁の棋士なんて、とても珍しいように思えますが、囲碁を始めたきっかけは何だったのでしょうか。

菫さんが囲碁を始めたのは、3歳の時だったそうです。3歳の女の子にとって、囲碁はまさにゲームのようなものだったのでしょう。実は菫さんが囲碁を始めたのは、ご両親の影響だったそうです。そのご両親というのが、父は日本棋院関西総本部九段の持ち主で、母親は囲碁インストラクターだとのことで、幼少期から囲碁に触れる環境にあったということで、最年少デビューも納得ですね。

才能はもちろんですが、生まれ育つ環境が人生に大きな影響を与えていることを実感します。

また、7歳の時に本格的な修行のため、韓国ソウルに移住し、日本への帰国後は数々の賞をてにするようになったそうです。

両親はどんな人?兄弟はいるの?

先述の通り、ご両親は日本棋院関西総本部九段の持ち主で、仲邑信也(なかむら しんや)さんという方で、母親は囲碁インストラクターをしている仲邑幸(なかむら みゆき)だとのことで、おふたりとも囲碁にとても精通した人物です。

兄弟はいまのところおらず、一人っ子のようです。

どこの小学校に通っている?

気になる菫さんの小学校ですが、地元・大阪市此花区にある大阪市立高見小学校だと言われています。

こんなにすごい子が同級生にいたら、周りの子供は刺激的ですね!

まとめ

こんなに可愛い女の子が、最年少プロ棋士ということに、とても驚きました。尊敬すると同時に、自分も少しは頑張らねばと思わされます!
今後も、あの笑顔をいっぱい見せて欲しいと思います!!