今話題のトピックス

宮迫や田村亮の処分は?吉本興業が闇営業でカラテカ入江を解雇!入江だけ解雇の理由

5月6日、吉本興業が、5月4日付でカラテカ入江(42)を解雇したことが明らかになりました。

解雇理由は「反社会勢力と繋がりをもった」ことによるものです。

カラテカ入江は、振り込み詐欺集団の団体との飲み会に、雨上がり決死隊の宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮を紹介していたとされています。この、闇営業と言われる反社会組織との付き合いを斡旋したとして、解雇されました。

吉本興業は「うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」とし、入江に厳しい処分を科したようです。

その他の同席者に関しては、出席は認めているものの、出席を頼まれた入江からは詳細を知らされておらず、厳重注意とされています。

では、なぜ解雇は入江ひとりで、同席した宮迫と田村亮は処分されないのでしょうか?

・カラテカ・入江ってどんな人?
・宮迫と田村亮が処分されない理由
・まとめ




カラテカ入江ってどんな人?

本名 入江 慎也
生年月日 1977年4月8日(42歳)
出身地 東京都小平市
血液型 O型
身長 158cm
最終学歴 東京都立保谷高等学校
コンビ  カラテカ(相方:矢部太郎)
事務所 吉本興業(1997年 – 2019年)
配偶者 未婚

最近はお笑い芸人としての活躍より、人脈を活かしたコンサル事業で成功している実業家としてのイメージが強かったですね。

吉本興業は、タレントより事務所の取り分が多い事で有名でしたが、もしかしたらここに目を付け、事務所を介さない「闇営業」をタレントに斡旋していたのはこれが初めてではないかもしれません。テレビではおもしろおかしく闇営業の話をしていましたが、実際、事務所が心配していた可能性もありますね。(あくまで主観ですが・・・)

今回、闇営業だけでなく、反社会勢力との繋がりが明らかになり、ついに・・・というのが正直な感想です。

事務所としては、タレントの中で事務所を通さない営業が蔓延してしまうと、かなり都合の悪いことになりかねません。

入江のコンサルとしての活動に、吉本興業は何も言っていないのかと思っていましたが、やはり都合の悪いことになってしまいましたね。入江の出した本の収入やカラテカの活動よりも、今後の大きなスケールで見たときに、解雇という選択をしたようなイメージをうけました。

宮迫と田村亮が処分されない理由

 

では、なぜ入江だけ解雇なのか?

宮迫と田村亮の処分はどうなっているのか?

 

吉本興業は「入江は反社会勢力とは知らなかったようだが、禁止されている会社を通さない営業を仲介していたので契約を解消した。出席した芸人たちも反社会的勢力とは知らなかったが、今後は厳しく指導していく」と説明している。

 

つまり、入江は、みせしめのようなものでしょうか。

宮迫と田村亮に関しては、レギュラーも多く持っており、吉本としては、完全解雇よりも、厳重注意の方がベターだと考えたのでしょうが、やはり印象はとても悪くなってしまいますね。各テレビ局も起用を懸念しているという話もあるようで、今後の活躍は慎重になるのではないでしょうか。

それにしても、不倫報道に、この報道と重なる宮迫は、少しイメージを心配する報道が多いですね。

ちなみに吉本興業では、11年に、所属していたタレントの島田紳助さんが、暴力団関係者との交際を認め、芸能界からの引退を発表しています。

まとめ

今回の報道を受け、最初に受けたイメージは、「なるほど」というものでした。
カラテカ入江の人脈自慢や、闇営業をネタにしているのを見ていると、事務所との兼ね合いは大丈夫なのか?と思うことがあったので、超えてはいけないラインを越えてしまったという感じでしょうか。

これまで、テレビでカラテカ入江との交流をアピールしてきた会社や人物にも、多くの影響が出るのではないかと思われます。

宮迫や田村亮についても、今後の活動が注目されそうです。