今話題のトピックス

岩手・大船渡高校「佐々木朗希」選手の父親は?被災した過去や兄弟について。今後の進路は?

もはや大谷翔平超えと言われている岩手の大船渡高校3年の佐々木朗希選手が大注目されていますね!

佐々木選手は高校2年生の時に、投手として163kmという数字を叩き出しています!高校生で160km超えを出す選手は、なかなかいません。高校時代に160kmという記録を叩き出した大谷翔平選手も、彼は間違いなく野球界を背負う存在になると、プロ野球界にくることを歓迎しています。

気になる佐々木選手の経歴や家族について、調べてみました。

・佐々木選手のプロフィール
・佐々木選手の経歴について
・佐々木選手の両親や兄弟について
・今後の進路について
・まとめ

佐々木選手のプロフィール

佐々木朗希選手
生年月日: 2001年11月3日(17歳)
身長: 189cm
体重: 81kg

佐々木選手の経歴について

沿岸部の陸前高田市で生まれ育った佐々木は2011年の東日本大震災で被災しています。
高田小学校3年生の時から野球を始め、被災後は猪川小学校に転校して野球を続けていました。大船渡一中では、軟式野球部に所属し、選抜チームで東北大会準優勝しています。きっと当時から才能溢れる投手だったのでしょう。

現在の大船渡高校では、1年生の頃からベンチ入りし、2年の秋からエースとして県大会4強を制しています!
高校1年生の夏の大会で147km、2年生夏に154km、同秋に157km、侍ジャパンU18の合宿時になんと163kmを叩き出しました。

高校生の時点で160kmって、卓越した記録ですよね!

元々実力のある選手でしたが、着実に自信の記録を伸ばしているところが、すごいとしか言えないですね!ずっと目が離せない、注目すべき投手です!

佐々木選手の両親や兄弟について

こんなに大物の佐々木選手ですが、ご両親はどんな方なのでしょうか?

やはり厳しい方なのでしょうか?

実は、佐々木選手は、東日本大震災の際に被災した際に、津波で父親を亡くされています。父親を失い、母親と兄弟で、支えあって生きてきたようです。兄弟は3人兄弟の次男で、父親が亡くなってからは、3学年年上の長男・琉希さんが父親代わりだったそうです。それも、朗希さんにとても厳しく接し、その兄への反発力のおかげで負けず嫌いな性格になり、ここまで来れたと話しています。

佐々木選手のすごさは、才能だけでなく、大変な経験を乗り越えた先の強さを持っている方なのだと思います。

今後の進路について

既に世界トップレベルと言われている佐々木選手ですが、気になる高校卒業後の進路はどうなるのでしょうか?

現時点では、日米の野球界が大注目しているものの、進路先は決定しておらず、進学はせず野球の道に進む方向ということしかわかっておりません。関係者の話では、もうすでに日本でやることがないくらいの実力をつけているとのことです。そうなると、メジャーに行くのか?ただし、現時点で本人にメジャーの意思はないと言われています。それも、猛烈なアプローチがきたら揺らぐ可能性もあるので、今後の決断がとても楽しみです!

まとめ

佐々木選手は、現時点でメジャーは考えておらず、プロで活躍することだけを考えているそうですが、どの道へ進んでも、怪我をせずに望む未来を築いて、野球界を盛り上げる選手のひとりとなって欲しいと思います!