未分類

空港グランドスタッフになるには!年収はぶっちゃけいくら?

昔から、学生に人気の職業に必ずランクインする空港の仕事!

中でもCAに続き人気なのが「グランドスタッフ」!

華やかそうに見えて、実際の仕事はハード、、、というのはよく言われる話です。


仕事内容は、チェックインやゲートでのお仕事の他にどのようなものがあるの?
将来は、グランドスタッフになりたいけど、どうすればいいの?
気になるお給料事情はどうなの?

今回は3年間グランドスタッフとして空港勤務経験のある私が、実際に体験した仕事内容や年収について、お話したいと思います!

・グランドスタッフの仕事内容について
・グランドスタッフになるためには?
・グランドスタッフの年収は?
・まとめ




グランドスタッフの仕事内容について

はじめに、仕事内容について!

外から見ていると、カウンターでチェックインをしていたり、ゲートで搭乗手続きをしているくらい?と思っている皆様、
実はもっと地味な仕事もたくさんあるのです!

カウンターでチェックイン

空港に到着したお客様がまず向かう場所ですね。
チェックインをし、預けお荷物がある場合にはお預かりします。
また、新規チケットの購入や、アップグレードなどの手続きも行います。

ゲートで搭乗手続き

ゲートで、飛行機に搭乗するご案内をします。
ここでは、キャプテンやクルーたちとコミュニケーションをとって、情報を交換することも大切な仕事のひとつです。
また、乗り継ぎのお客様のチェックインや、車イス・ベビーカーなどのお預かりも、ここでやりますよ。

出国ゲートでお客様を捜索

チャックインが終わり、ゲートまでの間には出国手続きや免税店など、いろんなポイントがありますよね。
ゲートにお客様が現れないとき、グランドスタッフはその方たちの捜索をします!
飛行機を飛ばすときに大事なのは、定時出発
迷子になっているお客様を待っていて、出発遅れはもってのほかです!
お客様を時間通りに機内へご案内することも欠かせない仕事のひとつです!

VIPのお客様のケア

飛行機にはたくさんのお客様がご登場されます!
中には有名人スポーツ選手などがいたりしますね。
その時に、ラウンジまでのエスコートやご案内などをすることもあります。




翌日フライトの準備

グランドスタッフは、当日のフライトだけでなく、翌日のフライトの準備もしています。
座席の調整や、国際線であれば機内食などのオーダーなどですね。

バゲージクレームでのクレーム対応

出発のお客様のケアだけでなく、到着のお客様のお荷物が未着だったり、傷がついていた時の対応も!

飛行機がキャンセル・遅延した時のイレギュラー対応

フライトを振り替えたり、必要な場合はホテルの手配をしたりと、一番タフな時間はこの瞬間かもしれません。。

グランドスタッフになるためには?

これからグランドスタッフになりたいあなたへ。
合格するために必要なことをまとめてみました。

・語学力(目安TOEIC650点、ビジネスレベル)
・ハードな仕事にも負けない体力
・PCスキル
・清潔な見た目
・きれいな言葉遣い
・チームとして働く強調性
・どんな状況にも対応できる臨機応変さ

試験でみられているポイントは、このあたりかと思います。



グランドスタッフの年収は?

気になるグランドスタッフの年収ですが、
【正社員の場合】月給平均18万円程度で、手当や賞与などを含め
1年目から3年目の平均年収は、300万円程度です。

【契約社員や派遣社員の場合】自給1400円~1700円くらいです。

朝から夜中までのシフトのハードワークに対し、とても少なく感じますよね。。

ただ、やりがいのある仕事なので続けられているという人がほとんどではないでしょうか。

制服等は支給なので、その点はよかったです!

スーパーバイザーやマネージャーレベルになると、30万以上のところが多いです。年収はだいたい450~600万ほどでしょうか。

ただし全員がこの年収というわではありません。

外資系で空港マネージャーとして働く場合、年収は一気に上がり、800万以上のところもあります。(もっといいところもあります!)
会社によって違いますが、米系やヨーロッパ系のキャリアになると、待遇はいいようです。

まとめ

体力的にも、サービス的にも大変なお仕事ですが、
これまでやってきた仕事の中で、とても大変な半面、一番楽しいものでした
毎日多くの人に出会い、大切な旅の手伝いが出来ることは刺激的で、とてもやりがいのある仕事でした!
少しでもやりたい気持ちがある人には、ぜひチャレンジしてもらいたいと思います。
私は若いうちに経験できたことが、とてもいい経験だったと思っています!!